借金をした理由は、ひとそれぞれいろんな事情があるでしょう。
しかし、借金を作ってしまった以上、何らかの方法で解決をしないと、いつまでたっても多重債務の苦しい状態から抜け出すことはできません。

一人で悩まず、多重債務解決の専門家である弁護士にご相談下さい。
きちんとした手続をとれば、多重債務は必ず解決できます。

東北地方で相談可能な弁護士・司法書士をピックアップしました。
利息制限法に引きなおして債務圧縮

弁護士・司法書士は法律に基いて貸金業者と交渉をします。
今、日本には2つの異なった利息に関する法律があります。
ひとつは、上限が年率15〜20%の「利息制限法」、もう一方は、年率29.2%の「出資法」です。
法律上、利息制限法を超えた利息は支払わなくてもよいことになっています。
そこで、弁護士・司法書士は、依頼者にとって有利な利息制限法に基づいて、それまで貸金業者が主張していた出資法での取引を全て計算し直します。
そうすると、今まで利息として支払っていたお金が元金に入っていくことになります。
ですので、取引が長ければ支払っていた期間の分だけ、必ず元金が減ります。
300万円以上の借金があると言って相談に来られた方が、弁護士が交渉したことによって100万円以下の支払いで済んだ、なんていう話は、支払っていた期間が長い場合にはよくあることなのです。
更に取引が長い場合は利息制限法で引き直し計算をすることにより残が減るのみならず、マイナスになり払い過ぎていた額の過払い金返還請求を出来る場合があります。

あなたの借金、支払い義務が消滅しているかも!? 詳しくはクリック!